柔軟やストレッチが血流促進に最適 | リフレクソロジー資格情報まとめ






柔軟やストレッチが血流促進に最適

柔軟やストレッチの効果

柔軟やストレッチが血流促進に最適体が硬いことに悩んでいる方は少なくありません。柔軟やストレッチが体に良いことは誰もが知っているものの、実践しようとするとなかなか難しいものです。

動機づけを持つためにも、柔軟やストレッチがどのような効果を持つのか見てみましょう。

体を動かすことは何より血流促進に最適です。体が硬いまま日常生活を続けてしまうと、血管や血流を促進する筋肉などが固まったままで動いてしまうため、血行不良が進んでしまいがちです。

血流が鈍くなることは、全身への栄養供給が滞ることを意味し、新陳代謝も低下してしまう結果になります。しかし全身をスムーズに動かし、柔軟さを保つことで、血管を支える筋肉や筋の運動を効率的に行い、血行を改善します。

筋肉が動くことで代謝が向上し、全身の細胞の生まれ変わりが活発になります。これは健康や病気の予防、美容において計り知れない益をもたらします。

疲労やケガに強くなる

柔軟やストレッチにより血行が良くなると疲労回復に役立ちます。全身に効率よく血液が運ばれることで、疲労物質や老廃物の排出が促進されます。そして酸素や栄養素がしっかり運ばれることで細胞レベルで体が養われ、疲労からの回復や抵抗力が強まります

これは運動時にも効果が表れ、柔軟やストレッチによる体の柔軟さそのものの効果と共に、全身の運動神経を向上させます。柔軟により関節の可動域が広く大きくなり、筋肉の柔らかさも増しています。

そこに血液の効率良い循環による酸素や栄養素の供給、疲労物質の排出が加わり、パフォーマンスの向上やケガ・スポーツ障害の予防などに効果的です。

柔軟性の種類

柔軟性には二つの種類があります。そもそも柔軟性とは、筋肉や腱がしなやかに伸びる能力を指しています。このしなやかさのうち、止まった状態からゆっくり体を伸ばせるのが静的柔軟性と、スポーツなどの動きの中で伸ばすのが動的柔軟性となります。

静的柔軟性を高めたい場合、柔軟体操やストレッチが効果的です。静止状態での柔軟性が上がり姿勢の可動域が広がるだけでなく、体をリラックスさせる効果があります。筋肉や腱の緊張をほぐすのに効果的です。

動的柔軟性を向上させるには体操が効果的です。動的ストレッチとも言いますが、ラジオ体操などある程度の速度で体を動かしながら行うストレッチで、筋肉を温め腱を伸ばします。これは運動時の瞬間的な動きの中での柔軟性を増し加え、手足があともう一歩先へ動くのを助ける働きがあります

柔軟やストレッチを意識して体を健康に保っていきましょう。



注目!