リフレクソロジー資格は整体でも生かせる? | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレクソロジー資格は整体でも生かせる?

整体の内容と関連している

リフレクソロジー資格は整体でも生かせる?どのような現場で働くかにもよるのですが、リフレクソロジーは整体の分野と関連してもいます。整体師は医療福祉系の仕事とはいえ、厳密には仕事を始めるために、資格を必要としません。国会資格を必要とするのは、鍼灸師やあん摩マッサージ、柔道整復師などです。

いわゆる整体マッサージに国家資格はなく、それぞれの専門学校などで民間資格を取得して働くケースがほとんどです。その点ではリフレクソロジーも似ており、国家資格がない分野で民間資格を取得して仕事を始めることになるでしょう。

整体は全身の骨格や構造を学び施術していきます。リフレクソロジーも似たような内容を学ぶものの、主に足の裏や手のひらを中心に施術する健康法であり、ツボではなく「面」を刺激することでとりわけ臓器の機能を回復・強化しようとするのが狙いです。

日本でのリフレクソロジー

リフレクソロジーには幾つか種類があり、日本で現在普及しているのは、オリジナルの西洋式に日本人の好みの刺激を加えた、日本風西洋式リフレクソロジーです。リフレクソロジーでは、身体を1つのエネルギー体と捉え、頭の頂点から足先まで身体の中を10本のエネルギーラインが垂直に流れていると考えています。

この内右足はすべて右半身につながっており、左足は左半身全体へとつながっていると考えるのは西洋式です。しかし日本人の好みの刺激というのは幾分特別で、本来痛みはストレスの元と考えるのが西洋式です。

そのため本家西洋式のリフレクソロジーでは眠ってしまうような心地よいマッサージを提供するのですが、ここ日本ではちょっとした痛みを感じる程度の方が人気があり、それに合わせて少しだけ強い刺激を加える施術法が取り入れられています。

確かに痛くて辛いマッサージはストレスになり得るものの、「痛気持ちいい」程度の加減は、我々日本人にとって捨てがたい魅力があります。

その他のリフレクソロジーの種類

その他のリフレクソロジーの種類には、下記のようなものがあります。

中国式
他には指の腹や指関節を使って足裏の反射区を刺激し、また足指全体をもみほぐし足指、足裏、ふくらはぎ、ひざ裏まで足全体を施術する
台湾式
東洋医学をベースにした四千年の歴史を持つ世界最古の伝統療法で、足裏から膝上までに存在している反射区に対して非常に強く刺激を与えていく
タイ式
痛過ぎもせず撫でまわすような施術でもなく、専用の細長い木の棒を使い、オイルやクリームも使い足指や足首の柔軟性回復へのマッサージとストレッチ、足の甲からすね、ふくらはぎや膝に至るまでしっとりと施術していく


注目!