温泉とリフレクソロジーを合わせるのもおすすめ | リフレクソロジー資格情報まとめ






温泉とリフレクソロジーを合わせるのもおすすめ

リフレクソロジーと温泉の類似性

温泉とリフレクソロジーを合わせるのもおすすめリフレクソロジーは温泉と併用すると効果的なのでしょうか?残念ながら、温泉とリフレクソロジーの関連を調べた研究などは無いようです。

しかし興味深いのは、日本で温泉やそれに隣接する温泉施設では、基本的に各種のマッサージサービスが設けられています。

温泉にはリラックスや滋養で訪れる人がほとんどだからです。入浴による単なる体の洗浄以上の効果を求めて訪れることは、リラックスや一定の健康効果を発揮するリフレクソロジーの目的と一致しています。

温泉施設でのマッサージは有料で、部分だけのマッサージや全身をもみほぐすマッサージに分かれているのが通常です。幾つかの旅館ではリフレクソロジーそのものが採用されており、文字通り温泉とリフレクソロジーの相乗効果を体験することが出来ます。

リフレクソロジーの効果

リフレクソロジーはどのような効果を発揮するのでしょうか?リフレクソロジー最大の効果は、血流の改善です。血行不良やそれに付随する機能不全などを改善し、全般的な体調を整えたり代謝を向上させる効果が期待できます。

温泉に入るだけでも、滋養分を補給したり癒し効果を感じることが出来るものですが、リフレクソロジーと合わせることで、より本格的に全身の機能を刺激し、恒常性の維持などを得られるようになります

リフレクソロジーを受けた後は、一時的に発汗作用が出たり尿の量が増えたり、鼻水など分泌物の量が増えたりする可能性があります。これは体内の循環系を刺激するためで、血液も随分も巡りが良くなることで、通常よりも体の外に出る水分量が増える場合があります。

施術前後での水分補給を忘れないようにしましょう。こういった好転反応の他に、体がだるくなったり頭痛を感じたり、胃や腸が重く感じられるなどの反応が見られるかもしれません。

それと気づかずに疲労やストレスが溜まっていた場合、体がストレスを感じるほどにリラックスし、本来負担している疲労が表面に出てきてしまう場合があります。

注意点は?

注意すべきは、温泉での入浴直前や直後でのリフレクソロジーです。リフレクソロジーそのものは無害ですが、血行が通常よりはるかに多い状態でリフレクソロジーを受けてしまうと、施術によりさらに血行が活性化されてしまい、個人差もあるもののさらなる疲労や痛みを感じる場合があります。

これは本当に個人差に左右される症状ですが、刺激で内臓が活性化されるため、夜になっても寝付けなかったり、逆に体調不良に陥る方もいらっしゃるため、十分に注意しましょう。



注目!