体のむくみが残る原因と効果的な対処法 | リフレクソロジー資格情報まとめ






体のむくみが残る原因と効果的な対処法

むくみの主な原因

体のむくみが残る原因と効果的な対処法浮腫むくみが生じるのはなぜでしょうか?

直接の原因となっているのは水分です。

血液も含めて、体中に存在する水分がある部分に溜まってしまい、なかなか排出されないときにその部位が膨らんでいるように見えます。

これが浮腫むくです。

本来、体内の水分という水分は常に入れ替わっています。新鮮な水分を使用し体のメンテナンスや生命機能の恒常性を保っています。しかし、幾つかの原因が重なって排出が上手くいかなくなることが多々あります

それだけ人体は繊細に出来ているため、ある程度は避けようのない症状でもあるのです。例えば、同じ姿勢で長時間を過ごすことなどです。同じ姿勢でずっと居ると、「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎが動かないため、血液を心臓に送り返す作業が滞りがちです。立ち仕事やデスクワークでよく見られます。

運動不足と水分の過剰摂取も

運動不足も、同じ原因となり血流悪化を招きます。ふくらはぎを始めとする下半身の筋肉が衰えることで、血流を動かす力が不足しがちになります。運動は体温を上昇させ、脂肪を燃焼し、筋肉を使用してその機能を維持したり強化したりします。

しかし運動が不足すると、筋肉を維持するより脂肪に変えて生命機能を維持しようとします。これが血流の悪化につながり、ひいてはむくみが起きてしまう原因を作り出します。血液だけでなく、水分の取り過ぎも関係しています。

飲む水分量が増えると、当然体内には多くの水分が取り込まれることになり、肝臓や腎臓が忙しくなります。しかし、本来処理できる水分量には限界があります。

このキャパシティーを超えて水分を補給してしまうと、やはり体内に不要な水分を溜め込んでしまい、特に水分を摂取した翌日から浮腫むくみが顕著に表れます

何をすべきか

血行や水分の巡りを良くすることを意識しましょう。リフレクソロジーや適度な運動が出来れば理想的ですが、自分で出来る浮腫むくみ対策を取り入れる方がさらに効果的でしょう。

仕事でずっと同じ姿勢でいることを余儀なくされている場合でも、座ったまま出来るストレッチや足ツボ刺激で、体を目覚めた状態へと覚醒させましょう。水分は不足しても体調不良の原因となりますが、摂り過ぎも浮腫むくみやだるさ、さらには睡眠障害などの原因になり得ます。

こまめに飲み、体が水分を処理できるスピードを超えないようにする必要があります。栄養素の多い食事を心がけ、各種臓器が本来の性能を発揮できるように意識しましょう。つまり、健康的な生活が浮腫むくみ解消のカギなのです。



注目!