リフレクソロジーjp(JAAMP) | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレクソロジーjp(JAAMP)

リフレクソロジーjpとは

リフレクソロジーjp(JAAMP)リフレクソロジーjp資格とはどのような資格なのでしょうか?まず、反射学を意味する、リフレクソロジーの施術を行う人としての資格を証明するものです。

リフレクソロジーとは、手のひらや足の裏など体の末端組織から刺激を入力することで、対応している体の部位に「反射」させて一定の健康効果を得るという、アメリカで生まれた民間療法です。

リフレクソロジーjpとして、主に東洋系の発展を遂げたリフレクソロジーの基礎を理解し、リフレクソロジーの効果や施術方法を身に付けている人に与えられる資格です。リフレクソロジーには、発展を遂げた国によって施術内容が少し変わります。

同資格では、まず気血水や弁証論治、未病、経路、正気、邪気といった東洋医学の考え方をベースに学習を進めていきます。リフレクソロジーは手のひらや足の裏などの「反射区」を刺激することで、そこからつながっている臓器や筋肉、神経などを活性化させたり機能回復させる事を目的としています。

リフレクソロジーの種類

リフレクソロジーには、他にも中国や台湾、タイ、インドネシア、インドなどでの施術法や理論が見られます。この内、中国や台湾、タイにおけるリフレクソロジーでは、はっきりと感じる痛みを伴う施術が中心です。

これは東南アジアにおける一つの特徴であり、ある程度の痛みを感じる施術方法が好まれる傾向にあります。ここ日本では、中国式やタイ式ほど痛みを感じる施術は行わないものの、西洋式に比べ“痛気持ちいい”程度が人気です。

この感覚を身に付けるため、まずは、東洋医学や東南アジアでのリフレクソロジーを学びつつ、各国との違いを理解していきます。リフレクソロジーの歴史にも触れていきます。なぜ生まれたか、どんなコンセプトに基づいているか、どのような発展を遂げてきたかなどを知ることで、リフレクソロジーの根底に流れる考え方を理解出来るようになるでしょう。

リフレクソロジーの資格を生かす

リフレクソロジーjpの資格を取得した後は、リフレクソロジストとして開業したり就職したりするほか、体の「反射区」を刺激することで、いかに健康効果を得られるかを教える、カルチャースクールの講師や教室を開く事になったときに、その身につけた知識は大いに役立てられるでしょう。

リフレクソロジーという言葉は一層の認知度や普及が待たれるものの、マッサージや刺激による健康法を必要としている人は非常に多く存在します。実際の施術にしても講師として働くにしても、人をリラックスさせ健康を回復するリフレクソロジーの効果を実感できるでしょう。

リフレクソロジーjp



注目!