リフレという略称のイメージが悪い理由 | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレという略称のイメージが悪い理由

略称はあまり使われない

リフレという略称のイメージが悪い理由あくまでイメージの話ですが、デフレなど良くないイメージの言葉を連想させたり、すぐに意味が分からないなどの理由があり、ほとんどリフレという略称が使用されることはありません

そもそも、リフレクソロジーとは反射を意味するリフレックスと、学問を意味する接尾語ロジーの造語で、反射学を意味します。

目的はマッサージやリラックス効果を狙ったものでもあるのですが、本来は足の裏や手のひらなど末端組織を刺激することで、対応している内臓や筋肉などの器官の機能回復、恒常性の維持を引き出すというのが目的です。

自然治癒力を最大限発揮させ、人体が持つ機能を十分に活用させます。単なるマッサージと違うのはこの点で、健康を回復させようとする目的があります。

期待できる効果その一

では、リフレクソロジーで期待できる効果にはどのようなものがあるのでしょうか?まずは血行不良改善による血流増加が挙げられます。足の裏を中心に刺激する施術で、「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎなども刺激していきます。

これにより、心臓に血液を戻す運動が活発になり、体温の維持や免疫機能の恒常性回復、新陳代謝の向上などが期待できます。さらには足を細くする効果もあるとされます。通常足には重力によって、体内の水分や血液が溜まりやすい状態になっています。

それを揉みほぐすことで解消し、さらには血流増加や老廃物の排除を活性させることで、皮膚内に水分が残るのを防ぎます。見た目にもむくみが解消され、ひいては脂肪やセルライトに変換されて、肥満になってしまう事を防ぐ効果もあります。

期待できる効果その二

新陳代謝の向上は、太りにくい体質づくりに効果的です。リフレクソロジーの施術で血行が良くなることは、全身の細胞の生まれ変わりや老廃物の排出を活性化することにつながります。

それによって、不要なものを溜め込まない体になるばかりでなく、細胞の生まれ変わりが速くなることで、エネルギーをしっかりと燃焼したり、筋肉に血流が十分に届くことで機能を維持し、衰えを防いで脂肪を燃焼する体づくりに貢献します。

これによって、体は新鮮な栄養を常に取り入れることが可能になり、内臓などの器官も機能を維持し、健康な状態を保てるようになります。血流が増加することは、生命維持に不可欠な酸素を十分供給することにつながります。

これは健康のみならず美容にも効果的で、リフレクソロジーで健康を維持することは、若々しい見た目を保つためにも有効です。このリフレクソロジーを是非とも明日の美容と健康に役立てていきましょう。



注目!