リフレクソロジー資格を生かして仕事はできる? | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレクソロジー資格を生かして仕事はできる?

リフレクソロジストになろう!

リフレクソロジー資格を生かして仕事はできる?リフレクソロジーの資格を生かして仕事に就くには、どのようにしたら良いのでしょうか?

最大の目標は、リフレクソロジーを施術する人であるリフレクソロジストではないでしょうか。現在民間資格のみが発行される職業です。現代では、19世紀半ばにアメリカで発祥したリフレクソロジストは、民間の医療行為として世界中に普及しています。

ここ日本においては、民間資格のいずれかを取得して、専門のサロンで施術を行うスタイルが一般的です。フィットネスクラブやリハビリ施設でも採用例があり、実務経験を積むための場所は増えつつあります。

リフレクソロジストは、リフレクソロジーの理論に基づいて末端組織への施術を施していきます。欧米では痛みがストレスの元とされているため、とにかく優しくて心地よいリフレクソロジーが実践される傾向にあります。

しかし、日本では少しの痛みや刺激を伴う方が好まれ、この辺りの調節が出来るリフレクソロジストが人気が得られることが多いようです。

リフレクソロジストの仕事内容

リフレクソロジーでは、仕事内容として、ひたすらにお客様の身体を施術していきます。足の裏への施術が中心となるのが普通です。他人の足を扱う仕事であるため、自身や働くサロンの清潔感を保つことが欠かせません。

お客様の足をアルコール入りウェットティッシュできれいにしてから観察に入ります。リフレクソロジーではタオルで足を覆っての施術はしません。状態を観察して見極めるほか、足を触って、しっかりと感覚を確かめていく作業が必要になるからです。

オイルやパウダーを使用して施術に臨むところもあります。聞き取りによって生活環境や症状を確認しつつ、必要とされる部位へ効果を出すために、施術を始めていきます。カウンセリングも含めたトータルでの施術がリフレクソロジーです。

通信講座で学ぼう!

当サイトでは、リフレクソロジー資格を取得する非常に効率の良い手段として、通信講座をおすすめしています。資格試験に的を絞った通信講座では、最初から資格取得に向けたカリキュラムで学習し、無駄なく資格取得までたどり着くことが可能となります。

諒設計アーキテクトラーニングが提供する「リフレクソロジーjpW資格取得講座」や、SARAスクールジャパンが提供している「リフレクソロジー資格取得講座」では、練習問題やテキストによる資格の学習が充実した講座を取り揃えています。

質問サービスによる学習サポートや、試験免除の特別コースもあるなど、資格取得に向けて非常に充実した支援体制が揃っています。

リフレクソロジーjpW資格取得講座



注目!