リフレクソロジー資格で役立つ基礎知識 | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレクソロジー資格で役立つ基礎知識

リフレクソロジーとは

リフレクソロジー資格で役立つ基礎知識リフレクソロジーとは、反射学や反射療法を意味する造語で、体の末端組織を刺激することで対応する器官の機能回復や恒常性維持を実現する健康法です。

19世紀にアメリカで生まれたとされるリフレクソロジーは、古代エジプトに起源を持つとも言われる歴史のある健康法です。

反射を意味する「リフレクト」に、学問を意味する接尾語「ロジー」がついた言葉ですが、造語の新しさとは裏腹に、健康法としての歴史や発展性は非常に深く、世界中で普及している様が観察されます。

末端組織を施術の対象とするため、整体やカイロプラクティックのように、全身を調べて施術していくものとは内容が異なります。リフレクソロジーにおける末端組織とは手のひらや足の裏を指し、力や体力に自身の無い方でもリフレクソロジストになることは十分可能です。

体の一部を効果的に刺激することで、体が本来持っている免疫力や自然治癒力を強めるのがリフレクソロジーです。

体への刺激を考える

リフレクソロジーを楽しむには、まず体調を整えることが大切です。体調を良くするリフレクソロジーでまず体調を整えてから、というのは矛盾しているようにも聞こえますが、リフレクソロジーは血液の循環を活性化し、体の機能に強く働きかける可能性があります。

これを満腹時や空腹時、風邪を引いている時やアルコールを飲んだ時、あるいは炎症や血管に異常がある場合にリフレクソロジーを受けてしまうと、症状が悪化したり過度の痛みや重みを感じる危険性があります。

マッサージや指圧も刺激の一部です。体に負担をかけることに変わりはなく、体調不良であることがはっきりしているような時は、避けるべきでしょう。妊娠中などでも、リフレクソロジーを受ける際には、事前に医師へ相談すると良いでしょう。

リフレクソロジーで重要なのは「反射」です。リフレクソロジーでは、末端組織を刺激することで対応する器官へ「反射」するという考え方の元に施術が行われます。体内の器官はすべて足の裏や手のひらへ結びついています。ここを刺激することで、関連する器官の機能を回復し、より安定して機能させる恒常性を取り戻します

リラックス効果

リフレクソロジーではリラックス効果も狙いの一つとなっています。これに関しては東洋式か西洋式化で大きく意見の分かれるところではありますが、痛みのない施術を行ったり、心地いいと感じられる程度までで抑えることで、深いリラックス効果をもたらします。

深い眠りを誘う程のリフレクソロジーはリラックスするのにも最適です。



注目!