リフレクソロジーなら力が弱くてもできる | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレクソロジーなら力が弱くてもできる

リフレクソロジーに腕力は必要なし!

リフレクソロジーなら力が弱くてもできるリフレクソロジーの施術には、ほとんど腕力を必要としません。これが整体やカイロプラクティックの場合、お客さんの身体を抱えたり、押さえつけるような動作が必要となるため、施術する側にもかなりのパワーや体力が求められます

整体師の界隈では、柔道の黒帯を取ることを勧められる場合があります。一定の体力や運動神経を身に付けるためです。しかしリフレクソロジーでは、力を必要とする施術はほとんどありません。

リフレクソロジーの基本は「末端組織の刺激」です。体の末端である手や足を刺激してマッサージを加えることで、そこからつながっているとされる臓器や各器官への健康効果を目的としています。

正確には、末端組織への刺激が「反射」するという捉え方ですが、いずれにしても手足を揉んだりほぐしたりするような動作が中心となるため、力に自信のない男性や女性でも、十分に施術の技術を身に付けられる技術となっています。

施術の内容は?

力が無くても効果を発揮するリフレクソロジーとは、どのような施術を行うのでしょうか?

ほとんどのケースで施術対象となる足を例にとってみましょう。リフレクソロジーでは足の「反射区」を刺激していくため、皮膚にオイルやパウダーを塗布して施術を行う方法が代表的です。

皮膚が滑らない状態で揉んだり撫でたりすると、皮膚表面ばかりが強い刺激を受けてしまい、擦れる痛みやかゆみで効果を発揮できません。そのため、オイルやパウダーを塗って施術を始めていきます

事前に行ったカウンセリングや確認作業に基づいて、必要と判断される部位を中心に揉んでいきます。リフレクソロジーにおけるマッサージテクニックは様々です。揉みほぐしたり撫でおろすような手順もあれば、ツボ刺激のように押し込むような作業を必要とする場合もあります。いずれにしても腕力の必要な作業ではありません。

痛みを加えるかどうか

お客様の痛みを感じる程度によっても左右されます。リフレクソロジーにおける痛みは、非常に微妙な立ち位置にあります。本来、リフレクソロジーが現代的に生まれたとされるアメリカや、発展を遂げたヨーロッパでは、痛みを感じるような施術は非常に嫌われます。

痛みそのものがストレスの原因であり、痛みを無くすことがリラクゼーションの目的だと考えられている
からです。しかしここ日本では、ツボ刺激や針灸などに代表されるように、ある程度の痛みは心地よいもの、効果を発揮しているから生じるものと捉えられがちで、心地よい痛みがある方が好まれるようです。



注目!