リフレクソロジーとは? | リフレクソロジー資格情報まとめ






リフレクソロジーとは?

リフレクソロジーとは?

リフレクソロジーとは?リフレクソロジーとは「反射学」を指します。

リフレックス=反射に学問を意味する接尾語ロジーを付けた造語で、人間の臓器や骨、神経などの各肢体が手足などのいわゆるツボと関連しており、それを刺激することで内臓の働きを良くする(反射する)との考え方に基づき、自然治癒力を高めるマッサージを研究しています。

興味深いことに、リフレクソロジーは東洋式と西洋式に分けられます。

ツボを刺激するというコンセプトを持つのは東洋式です。例えば足の裏を施術する場合、ツボを指や器具を使用して痛みを感じるほど押していきます。

それに対し、足の裏をまんべんなく撫でるようにマッサージするのが西洋式です。軽く痛みを感じるのが気持ちいいのは日本人の好みですが、西洋式ではストレスの元になる痛みを排除した施術法を実践します。

どんな効果があるか

リフレクソロジーにはどのような効果があるのでしょうか?

まず、足を刺激する施術が多く、第二の心臓と言われるふくらはぎなどの働きを活性化させることで、全身の血流をスムーズにします。こうして血液やリンパ液の流れを改善することで新陳代謝を向上させます。

全身の老廃物を排出し、新鮮な血液や栄養が行巡るようにすることで、健康や本来の体の機能を取り戻します。加えて体の健康を回復することで自然治癒力を強め、循環系や身体機能の面から病気やケガに強い体づくりを目指します

そのため、人によっては術後の変化が著しく表れることがあり、循環系がより働くことで排泄物の量が増えたり鼻水が出る、汗をかきやすくなったり喉が渇くなどの症状が見られたり、疲労を感じたりすることもあります。

体が緊張し、疲労状態に気づいていなかった状態から、施術により筋肉が弛緩し、より疲労を感じる可能性があります。

眠りの質も改善される?

これらは施術の直後に起こり得る症状で、慣れてきたり、個人差があってほとんど感じないこともあります。痛みを感じるマッサージが欲しい人は、少し物足りなく感じるかもしれません。

リフレクソロジーは基本的に、体に作用するマッサージで必ずしも痛みを伴わせる訳ではありません。ツボ刺激のマッサージはあの痛みも醍醐味のようなものですが、むしろ心地よい内容のものがほとんどです。

中には好みに合わせて、痛みを加減してくれるところもあるようで、その辺りは施術士の技術にもよるでしょう。いずれにしても心地よい刺激が副交感神経や自律神経を整え、術後に深い眠りを誘う効果もあります。



注目!