足裏マッサージとリフレクソロジー | リフレクソロジー資格情報まとめ






足裏マッサージとリフレクソロジー

似ているところ

足裏マッサージとリフレクソロジー足裏マッサージとリフレクソロジーは似ているところもあり、違っている部分もあります。最大の共通点は、足の裏を刺激して健康効果を得るというポイントです。

足裏マッサージとリフレクソロジーは、それぞれ発祥も発展してきた経緯も違うものの、どちらも足の裏に集中したツボや神経を刺激することで、内臓や筋肉などの器官を活性化したり、恒常性を保たせたりする作用を狙っています。

足裏マッサージは中国で生まれたと言われており、そこに東洋医学の知識をブレンドした、東南アジアで発展した健康法です。

これに対しリフレクソロジーは、古代エジプトとも言われる起源をもち、アメリカで新たに近代化された健康法です。アメリカ人医師ウィリアム・フィッツジェラルド氏が考案し、その研究が欧米で発展したとされています。

違う所

足裏マッサージとリフレクソロジーでは、大きく違うポイントも存在します。足裏マッサージではツボを刺激します。ツボという点で捉える概念により、全身のツボ刺激で対応する器官への健康効果が見られるとしています。

ツボは「経路」と呼ばれる全身の循環系や生命エネルギーの流れの上にあり、ゆえにツボは全身にあって、足の裏はその一部に過ぎないという考え方をもっています。これを足の裏に特化させたのが足裏マッサージで、刺激するのは主にツボという点です。

これに対し、リフレクソロジーでは「末端組織に臓器の影響が反映される『反射区』があり、ゆえに手のひらや足の裏を刺激することで、機能回復や恒常性の維持などを促す」というコンセプトに基づいています。

施術内容や効果の違い

このポイントとなる体のツボを、点で捉えるか面で捉えるかの違いが最も大きな相違点でしょう。

足裏マッサージでは「点」を突くために、指で押し込んだり揉みこんだりする動作が多くなるのに対し、リフレクソロジーではこの「面」を刺激するために、撫でるような施術法が多くなるという特徴があります。

効果も違いが見られます。足裏マッサージでは臓器系の機能回復や強化、肩こりや腰痛、頭痛などの症状緩和、血行不良改善などの効果があり、マッサージというよりは刺激という一面を持っています。

しかしリフレクソロジーでは、欧米発祥ということもあって、眠りを誘う程の優しいマッサージが多く、リラックス効果を狙うという目的も見られます。足裏マッサージは健康を刺激によって改善しようとしますが、リフレクソロジーはリラックスや血液、リンパ腺の流れを良くするのが狙いです。



注目!