適度なストレッチで体調管理できる | リフレクソロジー資格情報まとめ






適度なストレッチで体調管理できる

狭い場所でもストレッチを

適度なストレッチで体調管理できる体を動かすことは体調管理に必要で、それも仕事の一部とさえ言われます。狭いスペースでできるストレッチで健康を維持していきましょう。

例えば、デスクワークを中心とした生活で、肩こりや頭痛、腰痛に悩まされる方もいらっしゃることでしょう。

その場合でも、何度も休憩を挟んで簡単なストレッチを取り入れることで、フィジカル面やメンタル面の両面でのケアを行うことが可能です。肩回しや屈伸、つま先を触るような柔軟体操やヨガのポーズなどでも良いでしょう。

これらをするしないで、数年後の健康は大きく変わってきます場所が無くても運動が可能である、ということを考えると、健康に関する意識は自分次第とも言えます。

リズムのある運動で気持ちを切り替える

リズムのある運動で気持ちを切り替えることも効果的です。デスクワークや勉強などは頭を使うのものの体は動かさないため、精神が疲れ、体は運動不足で眠気を感じないということも起こりがちです。これでは睡眠の質が低下するのを避けられず、さらに頭が疲労して仕事の効率も落ちてしまう危険性も考えられます。

それを改善するため、リズミカルな動きを定期的に取り入れ、頭の中をリフレッシュさせていきましょう。そのためには、一度作業を中断して外へ歩きに出るなどの方法が効果的です。歩くことはリズムのある運動となるだけでなく、簡単な動作であり、頭を働かせる必要がない事からも、脳にとって良い休息となります。

体は一定のリズムで動くことで筋肉や血流の動きが温まり、体の機能が刺激を受けます。噛むことも一定のリズムで動くため効果的で、いずれの場合も幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促して精神を安定させる作用が期待できます。

ストレッチももちろん効果があります。運動に加えてデスクワークなどでこわばった体を伸ばすため、各部の痛みやコリを解消するために実践すると良いでしょう。

体のメンテナンスを忘れずに

適度なストレッチを取り入れるのは難しいことではありません。一時間置きで行うようにするなど、自分で決めた一定の間隔で席を外れ肩や腰を伸ばすことで、身体の柔軟性を維持するだけでなく、気持ちの切り替えも同時に行います

体調管理には自分の身体面のメンテナンスばかりが求められるのではなく、強靭でストレスに強いメンタルを持つことも含まれます。体は回復すると驚くほどの強さを発揮します。

私たちが気を付けなければならないのは、しっかりと体を休め回復のための時間を与えているかという事です。ストレッチと休養を取り入れてメンテナンスを忘れないように気を付けましょう。



注目!